オンライン英会話でフィリピン人ほどオススメする理由

あなたはオンライン英会話の話でこんなことを耳にしたことないですか?

フィリピン人の講師は訛りや発音が悪くて聞き取りづらい。

フィリピン人の講師は文法を理解していない。

などのよくない噂を聞いたことないですか?

確かにフィリピンの方は訛りがあって発音が悪い人もいるし、

なんなら、文法を理解していないのは私も実感したことがあります。

 

訛りや発音について

人によるとは思いますが、確かに発音や訛りはあります。

ですが、あなたがオンライン英会話を受ける理由はなんですか?

プライベートか仕事かはさておき海外の人と話したり聞き取るのが最終的な目的ではないでしょうか?

仮にあなたがアメリカ英語をある程度聞き取れて話せるぐらい学んだとします。

アメリカには思っている以上に移民が住んでいます。

そして、アメリカに他国から来ている人がいてその人は、イギリス英語を学んでアメリカに来たとします。

そこで、あなたはアメリカ英語しか学んでないからアメリカ英語しか聞き取れないと言い訳できますか?

または、そうならないためにもいろんな英語を聞いておくべきではないでしょうか?

あなたが行く国の英語を学んだ方が効率はいいかもしれません。

ですが、ネイティヴから英会話を学ぼうとすると賃金水準(給料)は高いのでレッスン料が高くなります。

ですが、フィリピンなどの賃金水準の低い国の講師から英会話を学ぶとレッスン料を節約できます。

私は、できるだけお金をかけずに英語を学ぶに越したことないと思っています。

それに、いろんな英語を聞くということは¥リスニングの幅が広がるので上達が早くなります。

これは、同じアメリカ英語話す人でも言えることだと思っています。

どういうことかというとアメリカの英語を聞く機会があっても同じ人ばかりでなくいろんなアメリカの英語を聞いた方がいいということです。

文法を理解していないという点について

逆に、英会話ができない日本人が「フィリピン人は文法を理解していない」ってわかるほどの文法レベルで理解せずに英語を話しているんですよ?

すごいと思わないですか?

じゃあ、文法を理解していないのに他国で通用するのか?と思った方もいるとは思いますが、世界的に通用します。

日本人は、教育の関係上しゃべれないにも関わらず文法や語彙などの知識が高いです。

つまり「英語」の知識はあります。
しかし、「英会話」はできません。

逆に、フィリピン人は「英語」の知識はないけど「英会話」は世界に通用するレベルでできます。

本来はこうあるべきであって、我々、日本人が見習わなければいけない存在ではないでしょうか?

あなたが会社の人事部だったとして、TOEIC満点の人と「英会話」が英語が母国語の人と普通に話せる以外のことは

全て能力が同等の人が採用試験を受けに来たらどちらを採用しますか?業種によるとは思いますが、私は後者を迷いもなく採用します。

なぜなら、即戦力で英語しか話せない人とやり取りができるからです。

 

ですが、フィリピン人は文法ができないのに英会話ができているからと言って英語が呪文に聞こえるレベルで文法は全くできない初心者にはオススメしません。

フィリピンは公用語は英語ではないですが、学校の教育など様々な場面で英語に触れる機会があります。

つまり、英語に触れる時間が日本にいるより長いです。

英語に触れる時間が短い日本で同じように習得するのには莫大な時間を要するので確実に挫折します。

なので、独学である程度勉強するか、日本人講師のオンライン英会話をオススメしています。

まとめ

フィリピン人講師のオンライン英会話のレッスンは、

・訛りや発音は悪いけど上達の早道

・文法はできないけど英会話は世界的に通用する

・ただ、同じ英語の習得方法は国の違いでオススメできない

あなたが挫折せずに英語を学べることを祈っています。

 

 

 

 

日常会話を話すコツと勉強法

オンライン英会話で本当に日常会話ができるようになるのか?

疑問に思っていませんか?

もちろん、オンライン英会話だけでは日常会話ができるようにはなりません。

ですが、うまく利用することで日常会話ならすぐにできるようになります。

今回は、その方法を教えたいと思います。

 

オンライン英会話だけでは英会話の力はつかない

 

上でも述べた通りにオンライン英会話のみで日常会話ができるようになるとは思わないでください。

オンライン英会話というのは、「事前に予習した内容が通じるかを試す場所」です。

 

つまり、事前に予習してインプットした内容が英語を話せる人に通じるかを試す、アウトプットの場というのを理解してください。

 

ですので、予習がちゃんとできているとレッスンの内容で行き詰まることはないです。

 

文法は中卒程度の内容で充分

 

文法がないと日常会話ができないと思ってる方がおられますがTOEICで高スコアが欲しいとか英検の何級が欲しいなどの資格が欲しいなら別ですが日常会話なら文法はいりません。

TOEICならTOEIC用の、英検なら英検用の効率のいい勉強法があるので目的別で勉強法は違います。

 

中卒程度の文法とは?

 

主に、進行形や過去形に未来形で充分です。

知っているに越したことはないですが、中学レベルの文法があるならそれ以上は後回しでいいです。

それに、中学レベルの文法がなくても知っている単語とジェスチャーのみで意思疎通をはかろうとするコミニケーション力があれば日常会話の能力を充分に伸ばすことはできます。

ですが、非効率なので私はオススメしません。

 

フレーズを記憶する

 

先ほども言ったように文法は中学レベルまであったら充分です。

それに一から中学レベルまでの文法の勉強をしてもそれほど時間はかからないので残りの時間はフレーズと語彙を伸ばしてください。

そこで、まずは音声付きの教材で音読練習をして、必要と思った部分をフレーズごと記憶してください。

なぜ音声付きの教材でフレーズを記憶する必要があるのかというと、人間は残念ながら発音できない語句は聞き取れないからです。

聞き取れる語句は発音できるならそれこそ聞き流すだけで英語が学べる某教材を聞いとけば勝手に覚えてくれて効率がいいんですが、人間の構造上の問題でそういう訳にはいきません。

ですので、とりあえず、音読練習をしてください。

 

次に語彙を強化する

 

熟語集を買ってください。

そして洋画や洋楽を見たり聞いたりしてください。

そこで、音読練習をした時に聞いたことがある音を「あの時この単語聞いたことがある」という感じで見つけては拾っていってください。

こうやって初めは呪文のようだった英語が単語やフレーズとして聞き取れるようになります。

「この瞬間が音と認識していたものが英語として認識された瞬間です」

これを繰り返していくとどんどん音が英語に変わっていって聞き取れる量が増えます。

ここで、聞き取れる量が増えると、急激に成長していきます。

それまでの努力は必要ですが、やはり発音できないものは聞き取れないので地道ですがこうやるしかないです。

流暢に話す人が口を揃えて言うことがあります。

「勉強してたら急に英語が聞き取れるようになった」これが、急激に成長する場面です。

大半の人が挫折する

「英会話は継続できなければやらないほうがマシ」これに尽きるんですが、やっぱり、「今日はやめとこうかな?」とか「明日から頑張ろう」とか色々な言い訳をして続かないんですよね。

だから、私は考える前に動くのを大事にしました。

どういう事かと言いますと、「辛いと思う前に何も考えずにレッスンを毎日受けよう」という事です。

これは、結構効果があるのでオススメです。

予習と復習は大事

何も考えずにレッスンを受けるにあたって、少し問題が発生しました。

それは、予習と復習をすることです。

正直、初心者であればあるほど予習と復習をしなければ身につきません。

だって、急に英文を読めって言われても意味はわからなくないですか?

だから、事前の予習で意味を把握してレッスンで英文を読んでスピーキングを理解する、予習した意味とレッスンで話した英文に違う点はないか確認する為に復習するという感じです。

だから、むしろ予習と復習のほうが大事と言っても過言ではないですね。

楽しいと思えるレッスンを見つける

例えば、ワールドカップの時期にサッカーについて話したり、デイリーニュースの記事でレッスンして世界の情勢について学んだり、楽しいと思える教材に出会えると上達が早くなります。

あとは、自分だけのお気に入りの講師に出会うことです。

私は、DMM英会話のセルビア人の講師でお気に入りの講師を見つけました。

では、なぜお気に入りになったのかというと、私のちょっとした間違いで笑い合えるようになったからです。

こうなると、レッスンを受けるのが楽しくなってきます。

というより、顔見知りと定期的に話す感覚になります。

しかし、辞めてしまいました。

ですので、次のお気に入りの講師を見つけないといけませんね。

どこのオンライン英会話にするか決める!!

英会話の学校に通うか?
それとも自宅でオンライン英会話を受けるか?
はたまた教材を購入して独学で学ぶのか?

この3つを考慮してオンライン英会話を自宅で受けることにしました。

次に決めるのが、どこのオンライン英会話でレッスンを受けるか決めなければいけません。

そこで、色々なサイトを拝見してどこがいいのか考えることにしました。

色々調べていると、オンライン英会話にもいろんな学校があるんだな、ということがよくわかりました。

DMM英会話

月5980円でレッスンが受けることができて講師の数も多くて多国籍の講師を雇っている。

レアジョブ

フィリピン人講師を採用している。価格は約6,000円。

native camp

レッスンの予約がいらない。レッスンが受け放題。

まとめ

結局、どれにすればいいかわかりませんでした。
そこで、色々なサイトを拝見していたところ、

このサイトの、楽しくオンライン英会話を使いながら英語の学習をしようというコンセプトに惹かれました。
オンライン英会話選びにこのサイトを有効活用していきたいと思います。

まずは英会話の勉強からスタート!!何を使って学ぶか考えてみる

どうも、こんにちは、私は英会話を学習して海外移住を計画している者です。

海外移住するのに何が必要か私なりに必死に考えた結果、以下のようなものが必要なのではないかと考えました。

まずは英会話の学習、そして、生活できるだけの資金です。

1.英会話の学習

まず、私は英会話の学習が1番必要なのではないかと考えました。

では、英会話の学習が必要だとわかったとして、日本にいながらどうやって勉強をすればいいのか考えました。

そこで、私が考えた案は以下の通りです。
・英会話の学校に通う
・オンライン英会話を自宅で受ける
・教材を購入して独学で勉強する
この3つでした。

では、この3つのメリットとデメリットについて考えてみましょう。

英会話の学校に通う

はじめに、英会話の学校に通うメリットについて考えてみましょう。

英会話の学校に通うメリット

・オンライン英会話と違って対面で先生からレッスンを受けるので間違っていたらすぐに指摘してくれる

・独学で学ぶよりもしっかりと発音やリスニングを鍛えることができる

英会話の学校に通うデメリット

・とにかく毎月のかかる費用が1番高額でコスパは悪い

・通学の時間がかかる

オンライン英会話を自宅で受ける

オンライン英会話のメリットとデメリットには何があるのか考えてみました。

オンライン英会話を自宅で受けるメリット

・英会話の学校に通うよりも費用が安い

・独学で勉強するよりも効果がある

オンライン英会話を自宅で受けるデメリット

・英会話の学校でレッスンを受けるよりかは効果が低い

・独学よりも費用がかかってしまう

教材を購入して独学で学ぶ

この勉強法は、誰からもレッスンを受けずに教材を購入して学ぶ方法です。

教材を購入して独学で学ぶメリット

・通わなくていい上に費用が安い

・オンライン英会話よりも安い

とりあえず安く済む上に通学必要がいらないということが最大のメリットです。

教材を購入して独学で学ぶデメリット

・先生がいないので発音の正解がわからない

・リスニングも音声教材で鍛えるので正解がわからない

オンライン英会話を自宅で受けることにした

色々と悩んだ結果、私はオンライン英会話を自宅で受けることに決めました。
オンライン英会話を自宅で受けると決めた点は以下の通りです。

・海外移住の資金を貯ためたいのに、英会話の学校に通っていたら余計に費用がかかってしまうから。

・教材を購入して独学で学んでいたら時間がかかり過ぎてしまい、いつまでたっても海外移住できない

・通学する必要がないから時間も有効に使える

この3つの要因を考慮した結果、決定しました。