日常会話を話すコツと勉強法

オンライン英会話で本当に日常会話ができるようになるのか?

疑問に思っていませんか?

もちろん、オンライン英会話だけでは日常会話ができるようにはなりません。

ですが、うまく利用することで日常会話ならすぐにできるようになります。

今回は、その方法を教えたいと思います。

 

オンライン英会話だけでは英会話の力はつかない

 

上でも述べた通りにオンライン英会話のみで日常会話ができるようになるとは思わないでください。

オンライン英会話というのは、「事前に予習した内容が通じるかを試す場所」です。

 

つまり、事前に予習してインプットした内容が英語を話せる人に通じるかを試す、アウトプットの場というのを理解してください。

 

ですので、予習がちゃんとできているとレッスンの内容で行き詰まることはないです。

 

文法は中卒程度の内容で充分

 

文法がないと日常会話ができないと思ってる方がおられますがTOEICで高スコアが欲しいとか英検の何級が欲しいなどの資格が欲しいなら別ですが日常会話なら文法はいりません。

TOEICならTOEIC用の、英検なら英検用の効率のいい勉強法があるので目的別で勉強法は違います。

 

中卒程度の文法とは?

 

主に、進行形や過去形に未来形で充分です。

知っているに越したことはないですが、中学レベルの文法があるならそれ以上は後回しでいいです。

それに、中学レベルの文法がなくても知っている単語とジェスチャーのみで意思疎通をはかろうとするコミニケーション力があれば日常会話の能力を充分に伸ばすことはできます。

ですが、非効率なので私はオススメしません。

 

フレーズを記憶する

 

先ほども言ったように文法は中学レベルまであったら充分です。

それに一から中学レベルまでの文法の勉強をしてもそれほど時間はかからないので残りの時間はフレーズと語彙を伸ばしてください。

そこで、まずは音声付きの教材で音読練習をして、必要と思った部分をフレーズごと記憶してください。

なぜ音声付きの教材でフレーズを記憶する必要があるのかというと、人間は残念ながら発音できない語句は聞き取れないからです。

聞き取れる語句は発音できるならそれこそ聞き流すだけで英語が学べる某教材を聞いとけば勝手に覚えてくれて効率がいいんですが、人間の構造上の問題でそういう訳にはいきません。

ですので、とりあえず、音読練習をしてください。

 

次に語彙を強化する

 

熟語集を買ってください。

そして洋画や洋楽を見たり聞いたりしてください。

そこで、音読練習をした時に聞いたことがある音を「あの時この単語聞いたことがある」という感じで見つけては拾っていってください。

こうやって初めは呪文のようだった英語が単語やフレーズとして聞き取れるようになります。

「この瞬間が音と認識していたものが英語として認識された瞬間です」

これを繰り返していくとどんどん音が英語に変わっていって聞き取れる量が増えます。

ここで、聞き取れる量が増えると、急激に成長していきます。

それまでの努力は必要ですが、やはり発音できないものは聞き取れないので地道ですがこうやるしかないです。

流暢に話す人が口を揃えて言うことがあります。

「勉強してたら急に英語が聞き取れるようになった」これが、急激に成長する場面です。

大半の人が挫折する

「英会話は継続できなければやらないほうがマシ」これに尽きるんですが、やっぱり、「今日はやめとこうかな?」とか「明日から頑張ろう」とか色々な言い訳をして続かないんですよね。

だから、私は考える前に動くのを大事にしました。

どういう事かと言いますと、「辛いと思う前に何も考えずにレッスンを毎日受けよう」という事です。

これは、結構効果があるのでオススメです。

予習と復習は大事

何も考えずにレッスンを受けるにあたって、少し問題が発生しました。

それは、予習と復習をすることです。

正直、初心者であればあるほど予習と復習をしなければ身につきません。

だって、急に英文を読めって言われても意味はわからなくないですか?

だから、事前の予習で意味を把握してレッスンで英文を読んでスピーキングを理解する、予習した意味とレッスンで話した英文に違う点はないか確認する為に復習するという感じです。

だから、むしろ予習と復習のほうが大事と言っても過言ではないですね。

楽しいと思えるレッスンを見つける

例えば、ワールドカップの時期にサッカーについて話したり、デイリーニュースの記事でレッスンして世界の情勢について学んだり、楽しいと思える教材に出会えると上達が早くなります。

あとは、自分だけのお気に入りの講師に出会うことです。

私は、DMM英会話のセルビア人の講師でお気に入りの講師を見つけました。

では、なぜお気に入りになったのかというと、私のちょっとした間違いで笑い合えるようになったからです。

こうなると、レッスンを受けるのが楽しくなってきます。

というより、顔見知りと定期的に話す感覚になります。

しかし、辞めてしまいました。

ですので、次のお気に入りの講師を見つけないといけませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です